火曜抄読会;河野先生

感染免疫グループのリサーチカンファレンス

実験手技の確認

宿主免疫応答の評価:

FACSで好中球カウント, mRNAでサイトカイン量の評価

Buffer RLT

 

Buffer RLT is a lysis buffer for lysing cells and tissues prior to RNA isolation and simultaneous RNA/DNA/Protein isolation. When following RNeasy Plus or AllPrep DNA/RNA procedures, Buffer RLT Plus should be used.

生後4日程度なら脱灰せずに切片作成が可能。nicheの肺炎球菌の集簇と遊走好中球の評価。

=>できるだけ、連続スライスでHEと蛍光免疫染色スライドの並べて表記。

肺炎球菌の伝播:

Entry => Establishment =>Exit:宿主体外への排菌

=>shedding

コロニーカウント:ストレプトマイシン添加寒天培地に感染マウスの鼻前庭を押し付け一晩培養し計測

仔マウスを用いた兄弟間伝播モデルの作成

遺伝子変異株、抗菌薬耐性株の作成

結果:

血清型によるsheddingの差

インフルエンザウイルス重感染モデルにおける炎症性サイトカインの増加 type I IFN

村上先生の結果など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください