火曜抄読会;酒谷先生 扁摘術後ステロイド投与

 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29573428
 2018 Mar 24. doi: 10.1002/lary.27167. [Epub ahead of print]

The effect of postoperative steroids on post-tonsillectomy pain and need for postoperative physician contact.

以下、google翻訳

デキサメタゾンの3回投与(0.5mg / kg)の標準的な術後経過の施設の前後に扁桃腺摘除術を受けた小児について、後ろ向きのレビューが行われた。すべての患者にタイレノールとイブプロフェンも使用され、オキシコドンは6歳以上の子供のレスキュー薬として投与されました。術後出血率(扁桃摘出術後の出血が懸念される救急部への全訪問[ED])、痛みの救急部への戻り、痛みのためのオフィスへの電話が記録された。

結果

合計1,200人の子供が含まれていた(ステロイドなしで300人、900人)。グループ間の年齢や体重に差はなかった。全体的に、平均年齢は6.6±2.1歳であり、出血率は7%であった。親の電話は、ステロイド使用前の23.3%から14.7%(P  <.001)へと減少し、扁桃摘出術後の出血率は9.7%から5.7%に低下した(P  = .02)。ED訪問率に差はなかった(P  = 0.70)。年齢の各増加年(:回帰分析は、4%増加し出血することを示した(1%-13%、95%信頼区間[CI])P  術後ステロイドは、7%(95%CIによって出血率を低下させ、一方、<0.001) :1%~9%減少)(P = .013)。電話のリスクは、年齢ごとに2%増加しました。術後ステロイドは、電話を9%減少させた(P  <.001)。手術の1ヶ月以内にステロイド関連合併症はなかった。

結論

術後ステロイドの短期間では、扁桃摘出術後の痛みに対する痛みの回数が9%減少し、扁桃摘出術の出血のリスクは7%減少した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください