金曜抄読会;金子先生 耳垢とSNPとGL

Clinical Practice Guideline (Update): Earwax (Cerumen Impaction) Executive Summary

First Published January 3, 2017 Research Article 

 2006 Mar;38(3):324-30. Epub 2006 Jan 29.

SNP in the ABCC11 gene is the determinant of human earwax type.

中国北部から南アジアへ向かう南北方向の勾配が東アジア人にピークを持ち、シベリアからヨーロッパに向かって東西に向かって勾配があります。rs17822931(538G→A)とは独立したABCC11のエキソン29における27bpの欠失(Δ27)もまた、アジア系祖先のサブセットにおいて観察された。赤色の数字はΔ27の個体を示す。#、北西ヨーロッパの祖先の米国市民(CEPH家族から); *、サハラ以南のアフリカ系アメリカ人(コリエル医学研究所)の米国市民。
(A)ファミリーツリーとでrs17822931とエクソン29の遺伝子型ABCC11。塗りつぶされた記号:濡れた耳垢; 開いた記号、乾燥した耳たぶ。家系分析では、発端者の乾燥アレルゲン(矢印)で見つかったアレルΔ27が父親から伝えられ、対立遺伝子GおよびΔ27が同じ染色体上にあり、ハプロタイプを構成することが示されている。(b)発端者からのエキソン29の電気泳動図。27bpの陰茎欠損は、発端者において明らかである。
 2002 Jun 8;359(9322):2000-2.

Mapping of the wet/dry earwax locus to the pericentromeric region of chromosome 16.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください