金曜抄読会;大谷先生 耳管開放症

耳管開放症の新しい考え方
東北大学耳鼻咽喉・頭頸部外科
小林俊光

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/113/8/113_8_706/_pdf

公募シンポジウム2(その2)
私の発作性片側性耳管開放症

https://www.jstage.jst.go.jp/article/otoljpn/22/2/22_123/_article/-char/ja/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください